yutarota's memorandums

ゲームとか野球とか日々の生活についての備忘録

【モンスト】デン玉集め2日目【電撃コラボ】

今日は350個集めました。もう頭に

ぱぱぱや
ぱぱぱや

が染み付いてます。

 

計650連した結果がこちら。


f:id:yutarota8036:20171019004948j:image

 

昨日より星5いっぱい出てます。昨日はなんだったんだ...

噂によると、なぜか日によって偏りがあるらしいのでそういうのを見定めて引いた方がいいかもしれません。

 

たまにあるラック4、5排出を引けるかどうかでかなり違ってくるのでリアルラックが必要ですね。

 

 

あと、星5確定演出もあるみたいです。


f:id:yutarota8036:20171019000534j:image
f:id:yutarota8036:20171019000540j:image

 

パチンコかな?

【モンスト】星5出ん玉集め【電撃コラボ】

現在絶賛開催中の電撃コラボで、御坂美琴を運極にするべく逢坂大河【極】を周回して「デン玉」を集めています。

 

夜に結構頑張って300連した結果がこちら。


f:id:yutarota8036:20171018023330j:image

 

うーん...?

目当ての御坂美琴は結構出てるけど、あとの2人は中々厳しいです。

性能を見ても強いかどうかわからないし、御坂美琴以外は知らないキャラだし、デン玉1600個ペースはさすがに諦めちゃいそうです。10連して全部星4なんてこともよくあるし、さすがに渋すぎません?

 

モンストのコラボは今年の3月に来ていたドラえもんコラボ以外は参加してないので、どれくらいの人がコラボモンスターを運極にしてるのかもわからないんですけど、もしかして初心者は無視した方がいいのかな?

でも初運極オススメモンスターらしいクイバタ運極もキツそうなんですよね~。

ラック関係なく運極扱いになるのも初心者にとっては美味しいし。

 

まぁもう少し心が折れるまで頑張ります。

 

 

 

ちなみに、前回のドラえもんコラボはドラゾンビを運極にできずに萎えてモンストごと諦めました。

f:id:yutarota8036:20171018024524j:image

僕のドラゾンビくんはもう一生ラック70のままなの...?

ビジネスモンストとクラロワ

はい、モンストとクラロワ始めました。

 

パズドラとシャドバに飽きてきて暇していたんですが、この2つはバイトや学校で話のネタになるので始めてみました。特にモンストは最強です。まじビジネスモンスト。

 

まだモンストはランク90、クラロワはトロフィー2500くらいですが、気が向いたら記事書くかもです。

 

実は2年くらい前にリセマラルシファーで始めてすぐに辞め、今年になってなんかパンドラを引いてしまって復帰したけどまた辞めてって感じでキャラはそこそこいるんですよね。
f:id:yutarota8036:20171016203450j:image

 

まだ何やればいいかもわからないですけど。

 

【PSVita】討鬼伝2プレイ感想

大分前にクリアしたんですが、色々文句がありすぎたのでさっさと売って記憶から消してました。

f:id:yutarota8036:20170107012124j:plain

初代討鬼伝は、狩りゲーとしてモンハンと差別化されたシステムやうまく調整されたゲームバランスなどがかなり好きだったんですが、討鬼伝2はよかったシステムが改悪されまくってるように感じました。

 

yutarota8036.hatenablog.com

 

悪かった点

  • ダルい要素の大量追加
失敗しすぎなカラクリ人形、役にたってるかどうかすらわからない天狐、自分で素材をもっていかないといけない料理屋など、初代の長所である狩りの手軽さを殺す要素が多すぎました。というか、労力とリターンが釣り合ってなさすぎて何を思って実装したのかわかりません。製作者はガ〇〇なのか。全部なくてもNPCが強すぎてクリアできちゃうのもおもしろい。
 
ラスボスですら放置で勝てちゃいます。手ごたえもクソもありません。
 
  • ストーリーが単調

あるキャラの問題を掘り下げてボス鬼を倒して仲良くなって分霊する...という初代と同じパターンの繰り返しなんですが、それぞれのキャラのイベントごとのつながりがないというか、唐突すぎるというか、すごく単調に感じました。

 

狩りゲー初のオープンワールド化を目玉にした今作でしたが、飛び越えれそうで飛び越えられない障害物が多かったり、行けそうで行けない所が多すぎたり、ただステージがつながって広くなっただけに感じました。鬼疾風で高速移動できたのはまだよかったんですけどね。

 

 

良かった点

  • 鬼ノ手
追いかけっこになりがちな狩りゲーですが、鬼ノ手のおかげでかなりストレスレスになりました。このゲーム最大の功績。
 
  • ミタマの種類が膨大

ミタマの種類が膨大で、3つのミタマとスキルの組み合わせを考えるのが楽しかったです。レベル上げがもう少し楽ならなお良かったですけどね。

 

  • 武器の種類が豊富
全部で11種類の武器があり、色々な武器が使えます。それぞれ操作が複雑
なんですが、弱い鬼で練習して強い鬼を倒しに行く...みたいな感じが楽しかったです。(なおNPC)
 
 

まとめ

悪かった点の中でも、ダルい要素の追加とNPC最強なのが致命的だったので印象はよくないですけど、オープンワールドの狩りゲーはもっと頑張ればかなりおもしろくなるのでは?と思わされるゲームでした。次回作に期待しましょう。

 

...と思っていたんですが、モンスターハンター:ワールドがすべてかなえてくれそうなのでやっぱりそっちに期待しましょう。あんなんおもろいに決まってますやん。