読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutarota's memorandums

ゲームとか野球とか日々の生活についての備忘録

【シャドウバース】第3弾「バハムート降臨」カード感想2(エルフ編)

ゲーム シャドウバース

続いてエルフの新カードの評価、感想を書きたいと思います。

現在のエルフは、リリース初期から今までtier1を守り続けている冥府エルフ、第2弾で収録された「エルフナイト・シンシア」をメインに据えたテンポエルフといった強力なデッキが環境のトップに君臨し続けているといった感じです。

個人的には第3弾リリースによって半年近く続いた冥府アリサバースが終わるのかどうか気になるところです。

 

 

古き森の白狼

8/4/4  レジェンド
【突進 】
【ラストワード】 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。

 

新たなエルフデッキの可能性を感じるカード。白銀の矢デッキで白銀の矢を連発したり、薔薇エルフでローズクイーン確定サーチからの薔薇の一撃連発などが考えられますが、いずれにしても9ターン目以降に試合を決めにいくスタイルになるので冥府エルフとの差別化が一番のポイントになりそうです。自分は冥府エルフを使ったことがないので想像ですが、冥府エルフと白狼採用エルフの違いは、中型フォロワー、大型フォロワーを採用できるかどうかだと思います。冥府エルフはとにかく手札を増やして墓地を貯めていくため採用されませんが、グランドアーチャー・セルウィンや太古の森神などの優秀な中型、大型フォロワーがエルフには多いです。しかも第3弾でさらに追加されます。冥府エルフと対戦していると、こちらが出した大型フォロワーを処理できるカードがエンシェントエルフ、リノセウス、クリスタリアプリセンセス・ティアくらいしかなく、それらは除去カードとしては扱いづらいために処理されなかったということがよくあったので、大型フォロワーを処理しやすいという点で差別化するのがよさそうですね。エアプですが。

 

セルウィンの号令
3  スペル  ゴールド
飛翔する狩鳥1体を出す。
【エンハンス】 8; その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

飛翔する狩鳥

3/2/1  ゴールド
【疾走】

 

エンハンスなしで使用するとノーヴィストルーパーの劣化ですが、8コスト払うと6/4/6のセルウィンも出せます。後半に腐らない疾走フォロワー兼2点除去スペルと考えるとそこそこ使えるのではないでしょうか。エンハンスカードはエンハンスなしで使うとちょっとスペックが落ちるべきだと思うのでこれくらいの性能でちょうど良いと思うんですが、ロイヤルのレジェンドはどうなってんだ...

一応コスト0のセルウィンを出さずに持っておいてティアなどのトリガーにすることもできます。8ターン目にホーリーファルコン出して終わりだと返しのターンでやられそうですけど。

 

宝石のエルフ

5/3/4  ゴールド
自分の他のフォロワーが場に出るたび、それは【突進】 を持つ。

 

放っておくとヤバイので処理を強要できるカード。シャドウバースはこういうカードを処理しあって、処理が追い付かなかった方が負けるという感じのゲームなので(超越、冥府を除く)、とても強いと思います。しかも後半に他のフォロワーと一緒に出すことで進化権がなくても相手のフォロワーを倒すことができます。普通に強いです。

 

マヘス

6/5/5  ゴールド

【守護】
【ファンファーレ】 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

 

エルフの全体除去は、根源への回帰ナーフ後は森の意志が採用されていましたが、相手のフォロワーを倒しきれないことも多く使い勝手はよくなさそうでした。なので少し厳しめの条件とはいえ全体除去+高スタッツ+守護持ちというのは使えるのではないでしょうか。というかなぜ守護まで与えてしまったのか。

ただ、エルフプリンセスメイジなどを使わないと全体除去を使えるのが8ターン目からなのですが、これだとロイヤルなどの全体除去を使いたい相手には遅いです。しかし、エルフプリンセスメイジによって生成した0コストフェアリーはエルフプリンセス・ティアにも使いたいため、この0コストフェアリーを使う枠を奪えるかどうかが気になります。環境とデッキによりそうですね。

 

クリスタリア・リリィ
2/2/2  シルバー
【ファンファーレ】 【エンハンス】 6; 相手のフォロワー1体をスノーマンに変身させる。

 

扱いやすい2/2/2フォロワーで、後半に腐りにくいため使えるのではないでしょうか。後半にこのカードのエンハンスを使うときは手札に困ってるときだと思うのでドローソースが豊富な冥府エルフには入らなさそうですが、スノーマンはエルフで相討ちにできるためほぼ確定除去と言ってよく他のエルフデッキでは採用を考えてもよさそうです。

 

天馬のエルフ

5/3/3  シルバー
【ファンファーレ】 相手のフォロワー1体の体力を1にする。
進化後
【進化時】 相手のフォロワー1体に1ダメージ。

 

精霊の呪い内蔵+進化すれば実質確定除去なので有利トレードができます。進化しなくても場にフェアリーがいれば除去できるため、色んなデッキで採用されそうです。

 

エルフの王子・レオネル
5/2/2  シルバー
【ファンファーレ】 手札のコスト4以下のエルフ・カード1枚のコストを0にする。

 

5コストにしてはスタッツがかなり低いので扱いづらそうですが、効果は面白いです。今までは0コストにできるカードはフェアリーに限られていましたが、6ターン目に0コストエルフプリンセスメイジ進化からの0コストフェアリーからのマヘスとか色々できそうです。

 

ベビーフェルパー
1/1/1  ブロンズ
【ファンファーレ】 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、+1/+1する。

 

ケルトンファイターさんにもメイさんにも笑われてそう。

金朋の声が気になるから1回は使うよたぶん。

 

絡みつく蔦
1  スペル  ブロンズ
相手のフォロワー1体を、ターン終了まで-10/-0する。
【エンハンス】 5; ターン終了まで-10/-0するのではなく、破壊する。

 

このカードのせいで結局冥府アリサバースが終わらない気がしてるんですけど大丈夫ですかね...?

冥府エルフは白狼のところでも言ったように、大型フォロワーの対処が苦手です。このカードはたった1コストでどんなサイズのフォロワーでも1ターン足止めし、さらに5コスト払えば確定除去にもなります。1コストで使えばテンポを失わずに2枚プレイしていたら~系のカードに繋ぐことができるし、いざというときには確定除去(しかも他の確定除去と同じ5コスト)できるし、冥府エルフのために作られた確定除去って感じがします。

 

フォレストスピリット

3/3/2  ブロンズ
【ラストワード】 精霊の呪い1枚を手札に加える。
進化後
【ラストワード】 精霊の呪い1枚を手札に加える。

 

精霊の呪いがあまり使われていない現状を見ると同じく使えそうだけど採用されないカードになりそうです。やっぱり場に攻撃できるフォロワーがいないと確定除去にならないのって使いづらいんでしょうか。そういう時にも仕事ができる天馬のエルフの方がよっぽど使えそうですね。

 

フォレストギガース
7/1/7  ブロンズ
【守護】
【ファンファーレ】 自分の他の手札1枚につき+1/+0する。

 

太古の森神と似ていますが、一番の違いは守護を持っているところでしょうか。

エルフなら平気で攻撃力7、8くらいにはなると思うので、かなり大型の守護を置くことができます。強いカードだと思うので後はマヘスなどの他の大型フォロワーとの兼ね合いになると思いますが、白狼に繋げやすいし良いカードだと思います。

 

 

次はロイヤルについて書こうと思ってます。