読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutarota's memorandums

ゲームとか野球とか日々の生活についての備忘録

【シャドウバース】第3弾「バハムート降臨」カード感想8(ビショップ編)

ラストはビショップの新カード評価、感想になります。最後に第3弾環境の予想もしてみたいと思います。

ビショップのデッキには疾走、エイラ、セラフ、陽光サタンがありますが、第2弾環境では疾走、エイラ、エイラセラフがよく使われていました。疾走ビショップは第2弾環境初期よりは減りましたが、これは獣姫の呼び声を引けるかどうかに大きく左右されるためでしょうか。自分で使ってみても、一部のカードが強いデッキは安定しないので扱いづらいなと感じました。

エイラの祈祷はなんで3コストなんだよ魔導の力場と同じ5コストにしろよと思ってましたが、結局ナーフされないみたいですね。悲しい。

 

 

狂信の偶像

5/0/5  レジェンド


このフォロワーは攻撃できず、攻撃されない。
自分のターン開始時、進化する。
進化後
このフォロワーは攻撃できず、攻撃されない。
自分のターン終了時、自分のアミュレットすべてを破壊する。

 

このカードがいれば毎ターンアミュレットがすべて割れるというスカルフェインさんもびっくりのカード。スカルフェインさんは7コストということで、アミュレットを場にためている間にやられそうで敬遠されていましたが、このカードはどうでしょうか。

このカードを破壊するにはかなり大きめの除去スペルか確定除去でないといけないので、対策していないデッキは進化されてしまうとどうしようもありません。

5ターン目にある程度アミュレットをためておいて進化権を使ってすべて割ることもできますし、さらにシュラインナイトメイデンで選択不可にしてやるなどおもしろいことが色々できそうです。疾走が活かされないのでさすがに疾走ビショップには入らないでしょうか。

現状ほとんど使われていないカウントビショップがこのカードによってどうなるのか注目したいです。

 

 神魔裁判所

4  アミュレット  ゴールド

【カウントダウン】 3
【ファンファーレ】 ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
【ラストワード】 ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

 

ランダムですが、出したターンに仕事をし、さらに相手にフォロワーの出し方を考えさせることができるため使えそうです。

偶像が場にあれば出したターンに相手のフォロワーを2体破壊することができるので、相手に過剰なストレスを与えることができます。強そう。

 

ヴァルハラジェネラル

6/3/3  ゴールド

【ファンファーレ】 自分の他のフォロワー1体を+3/+3する。そのフォロワーは【突進】 を持つ。

 

疾走ビショップにはガルラがいますのでコントロール系のデッキやカウントビショップで採用されそうですが、カウントが終わるタイミングでこのカードを出す必要があるので少し使いづらそうです。

 

煌角の戦士・サリッサ

7/5/5  ゴールド

【突進】
このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。

 

出してすぐに相手のフォロワーを殴ることができ、1回の攻撃では必殺持ちを攻撃しなければ確実に死なないため相手にプレッシャーを与えることができます。進化すればさらに生存できる可能性が高くなります。コントロール系のデッキで使われそうです。

 

煌翼の戦士・リノ

2/2/2  シルバー
【交戦時】 相手のリーダーに1ダメージ。
進化後
【進化時】 相手のリーダーに1ダメージ。
【交戦時】 相手のリーダーに1ダメージ。

 

疾走ビショップの2コスト枠に入りそうです。現状マイニュ、天界の忠犬が採用されていますが、どちらかと入れ換えてしまっていいと思います。僕はマイニュと交換ですかね。

 

邪悪なる予言者・ダムス
3/3/2  シルバー
相手のターンに、相手のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーは「ターン終了時、このフォロワーは破壊される」を持つ。

 

3コスト標準スタッツを持ちながら、強力な効果を持っています。出された側からすると最優先で倒さなくてはいけないフォロワーで、相手の行動を制限することができます。コントロール向けのカードですが、どのデッキに入れても仕事をしてくれそうです。

 

ペガサスの結晶像
3  アミュレット  シルバー  
【カウントダウン】 4
自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復。

 

使うならエイラと一緒でしょうが、場を2枠使うほどの強さではなさそうです。

 

エンシェントレオスピリット

5/4/5  シルバー
進化後
【進化時】 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

 

ビショップの進化枠は強力な鉄槌の僧侶、スレッジエクソシストがいますが、相手次第ではこちらの方が仕事をしてくれそうです。環境によってはこのカードを2枚、僧侶を2枚とかにして使うことになりそうです。

 

マスターレディセージ

3/1/2  ブロンズ

自分のターン終了時、自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。

 

効果はそこそこ強いですが、3コストでこの貧弱スタッツでは簡単に有利トレードされてしまいますので見習いシスターなどを使う方がよさそうです。

 

フロッグクレリック
2/2/2  ブロンズ
【ファンファーレ】 【エンハンス】 4; 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を3回復。

 

エイラデッキの即時回復要員になれそうです。処理を強要できるユニコとは即時回復ができるという点で使い分けできそうでしょうか。ラビットヒーラーで間に合ってる感はありますが。

 

熟達の調教師
4/2/3  ブロンズ
【ファンファーレ】 詠唱:聖獣への誓い1つを出す。

 

聖獣への誓いはカウントダウン2でホーリーフレイムタイガーを出すカードですが、4ターン目にこのカード、5ターン目に偶像でちょうど割れるし、5ターン目に別のアミュレット、6ターン目にガルラで大量に展開することもできますので結構使えそうです。スタッツが低いですが、4コストフォロワーは進化で倒されることが多いのでまだなんとかなりそうです。

 

信仰の具現化
7  スペル  ブロンズ
コスト2以下の、それぞれ名前の異なる「カウントダウンを持つアミュレット」をランダムに3枚、自分のデッキから場に出す。

 

名前からしても偶像と一緒に使うことを想定されてそうですが、うまくいってもアミュレットが割れるのは自分のターン終了時なので盤面に干渉することができません。7コスト払って盤面に(ry

 

 

ビショップは既存のデッキを強化するカードは少なめで、コントロール系のデッキやカウントダウンで戦うデッキに採用されそうなカードが多く追加されました。正直、カウントビショップは今まではファンデッキという感じでランクマッチでは使われたことも使ったこともないので実際にデッキを組んで回してみないとわからないなぁという感じです。狂信の偶像はかなり強そうなのですが、一部のカードだけが強いデッキは安定しないため、あまり使われないのではないかなと思っています。第2弾の獣姫の呼び声のように、1枚で2体出せるアミュレットが追加されればもしかするかもしれません。

 

 

これで公開されていない10数枚を除いた新カードを紹介することができました。

今までにないタイプのデッキが色々作られそうなので新パックが追加された最初は環境が混沌としそうですが、しばらくはファンデッキへの甘えを許さない冥府エルフと超越ウィッチ、そしてそれらに有利になりそうなテンポウィッチが勝てそうと予想してみます。ロイヤルはコントロールヴァンパイアがきつそうなので最初はそんなに使われないのではないでしょうか。僕も怖くて使えません。

 

 

自分のための備忘録といった感じでかなり雑で長い記事を連発していましたが、もう少し見やすくて読みやすい記事を書けるように勉強したいと思います。