読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutarota's memorandums

ゲームとか野球とか日々の生活についての備忘録

【プロ野球】WBC2017簡単にルール説明+チーム紹介(プールB)

プロ野球

前回に続き個人的メモです。メジャーリーガーを調べてたら色々書きたいことが出てきたのでチーム紹介とかしてみます。

 

簡単にWBCのルール説明

最初に簡単にサクッとルール説明します。WBCは2006年からはじまり、2009年に2回目が、そこからは4年に1度開かれています。4回目となる今回は予選も含めると28の国が参加しており、予選を勝ち抜いた4つの国(オーストラリア、イスラエル、メキシコ、コロンビア)と予選免除の12の国の計16国が、4つのグループ(プールA~D)に別れてそれぞれのグループで各1回の総当たり戦を行い(1次ラウンド)、それぞれのプールの4チーム中上位2チームが2次ラウンドへ進出します。さらに、2次ラウンドはプールE、Dに別れて総当たり戦を行い、それぞれのプールの上位2チームが準決勝に進みます。

 

1次ラウンドの組分け (赤文字は1位勝ち抜け、青文字は2位勝ち抜け)

プールA

台湾、イスラエル、韓国、オランダ

プールB

オーストラリア、中国、キューバ日本

プールC

カナダ、コロンビア、ドミニカアメリカ

プールD

イタリア、メキシコ、プエルトリコベネズエラ

 

2次ラウンド組分け(赤文字は1位勝ち抜け、青文字は2位勝ち抜け)

プールE

イスラエルオランダキューバ日本

プールF

ドミニカ、アメリカ、プエルトリコベネズエラ

プールFは3月18日現在、アメリカ1勝0負、プエルトリコ1勝0負、ドミニカ1勝1負、ベネズエラ0勝2負となっています。

 

f:id:yutarota8036:20170318040529g:plain

トーナメント表です。以下のページより拝借しました。詳しいルールもこちらからどうぞ。

www.wbc2017.jp

 

このトーナメント表、国旗だけじゃわかんねーよ!って思ってるんですが僕だけなんでしょうか。

 

 

プールBのチーム紹介

オーストラリア

メジャーリーガーはおらず、2010年に発足した自国のリーグ「ABL」やマイナーリーグに所属している選手が中心です。2004年のアテネオリンピックでは阪神ジェフ・ウィリアムスがいたとはいえ、マイナー、独立リーグの選手中心で銀メダルを獲得しました。しかし、WBCではこれまでの大会すべてで1次ラウンド敗退という結果です。今回は予選を勝ち抜いて本戦に参加しましたが、またしても1次ラウンド敗退。

 

中国

メジャーリーガーはおらず、2002年に発足した自国の「中国野球リーグ」の選手が中心です。オーストラリア同様、これまで1次リーグ敗退が続いていましたが、今回も1次リーグで敗退しました。

 

キューバ

キューバは少し特殊で、メジャーでプレーしているキューバ出身の選手はたくさんいるのですが、キューバがアメリカと国交を断絶しているためにキューバ人がメジャーでプレーするには亡命するしかありません。将来有望なキューバ人は、国家公務員扱いで給料が安いキューバリーグではなく、稼げるメジャーリーグでプレーするために亡命してしまうため、代表チームは国内リーグでプレーしている選手のみで構成するしかないため年々弱くなっています。

キューバは2013年に自国の野球選手が海外でプレーできる制度を確立し、日本にもセペダ、グリエル、デスパイネなどが来日しましたが、この制度を使ってアメリカでプレーするのは難しいそうです。2次ラウンドE組敗退。

  •  アルフレド・デスパイネ(30)

    f:id:yutarota8036:20170318041530p:plain

2016年までロッテでプレー。来シーズンからはソフトバンクへ移籍。キューバからの選手は日本のシーズンが終わった後、12月から4月までキューバリーグでプレーしてからまた日本でプレーしないといけないので疲労が心配されていましたが、デスパイネは今のところ毎年成績を上げてきています。WBCで打率.474と好調でしたのでオリックスファンの僕としては来シーズンが怖いですね。2016年 打率.280 24本 92打点